×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

生理前の不快な症状がおこるわけ

生理が始まる1週間ぐらい前から月経症候群とよばれる不快な症状がおこります。 症状は人によってさまざまですが、体重増加やむくみ、便秘、下痢、乳房の張りや痛み、肩こり、めまい、吹き出物、肌荒れ、精神的なものでは、憂うつ、集中力低下や情緒不安定などがあります。

これらは、排卵後から次の生理の間にプゲステロン(黄体ホルモン)が急激に減されるため、自律神経のバランスが崩れ、そのために起こると考とえられています。

この時期には、なるべく無視をしないで、ゆっくり過ごすことが大切。病気ではないので生理が始まったら、終わってしまえばおさまりますが、あまりつらい場合は、産婦人科に相談してみましょう。症状に合わせて薬を処方してくれる場合もあります。

スポンサードリンク

Copyright © 2007 生理の悩み All rights reserved.
- テンプレートマジック -