×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

生理痛の原因はホルモンだった

生理のときは、はがれた子宮内膜や血液を体の外に出すために子宮の収縮を強める作用のあるホルモン(プロスタグランディン)が分泌されます。 これは出産のときにも分泌されるホルモン。つまり、陣痛が起こると胎児が出てくるときと同じように子宮が収縮されるので痛みが生じるのです。だから、ある程度の生理痛はあって当然。排卵機能がきちんと働いている証拠です。

生理痛がひどいというのは、このホルモンを多く合成する体質の人。体質的には子宮頸管(子宮の入り口)が狭かったり、子宮壁が厚い場合も痛みが強くなることがあります。また、同じ人でも、生理痛のひどい月とそうでない月があります。これはプロスタグランディンの分泌される量が体調によって変わるためと考えられています。

特に体が冷えたり、ストレスがたまっているときには分泌量が増えるので、そのぶん生理痛がひどくなるようです。生理というだけで、なんとなく気分はブルー。そのうえ生理のときには服装に気を配ったり、ナプキンを交換する場所や時間を確保したりと、わずらわしいこともたくさんあります。

これらがストレスとなって自律神経の働きを乱し、その結果、さらに生理痛がひどくなってしまうこともあるのです。あまり神経質になりすぎないよう、上手に気分転換する方法を考えた方が楽になるはずです。

スポンサードリンク

Copyright © 2007 生理痛の原因 All rights reserved.
- テンプレートマジック -